デザインについて

婚約指輪を購入することを決めたら、デザインについて考えてみましょう。婚約指輪はその場ですぐに選べることができる既成タイプのものもありますが、多くの場合はオーダーメードです。1から自分でデザインをするフルオーダーメードのタイプだけでなく、少しだけ自分の意見を取り入れるセミオーダータイプがあります。リングの素材やカラー、宝石の種類や大きさなど、いろいろ自分の好みを入れていくセミオーダーがとても人気です。1から自分がデザインするタイプは、購入する人はほとんどが素人なので、リングはどのタイプでどんな素材、ダイヤは何カラットでどのデザインなど、ある程度細かく選ぶというかたちの物が多くなります。

デザインは結婚してから、軽い気持ちで常に身につけたいという人も多いので、ライトな感覚のデザインや、結婚指輪と2連で組み合わすことができるデザインなども人気です。最近は昔のように誰もかれもが立て爪ということもなく、おしゃれなデザインが人気です。

また2人で購入するときには、予算を決めておき、ジュエリーショップや宝石店を大体いくつか決めておくといいでしょう。また指輪を作るのは午後がおすすめです。午前中はむくまない時間、逆に夕方はむくむ時間となります。あまりすっきりしているときにサイズを決めてしまうと、できた後できつく感じることもあります。そのため午後が一番おすすめなのです。

人気のデザイン

婚約指輪の人気のデザインはやはりダイヤが一粒ついたソリティアタイプです。しかし最近はそこに少しのメレダイヤを飾りにプラスしたメレタイプの人気が高まっています。価格的にはメレタイプの方が少し高くなりますが、ずっと豪華なイメージになります。またカラー宝石のメレをダイヤの両端につけた可愛いタイプの婚約指輪も人気です。

このように最近はだいぶ、おしゃれ感覚を重視した婚約指輪が主流になっているようです。もともと飽きのこないソリティアタイプはやはり一番人気ですが、最近はジュエリーショップでもデザインがとても多様化したこともあり、購入者もいろいろな指輪の中から選ぶことができるようになりました。また最近では結婚指輪とも相性の良い婚約指輪を購入し、ちょっとしたお出かけにも使えるものが人気です。

そういう意味からも1粒ダイヤが主役のものでなく、全体に小さなメレダイヤが埋め込まれているエタニティタイプなども人気が高まっています。エタニティなら結婚指輪や他のリングとも相性がよく、どれも華やかにしてくれます。婚約指輪といえばダイヤの一粒リングというイメージがありますが、今は特にそんなこだわりを持たないカップルもたくさんいるのです。

婚約指輪の購入

婚約指輪の購入に当たって、いろいろ考えてみましょう。婚約指輪を彼女に黙ってサプライズで、プロポーズのときに渡そうと思っている男性は、まず彼女の指輪のサイズを知っておくことが大切です。そこで上手に指輪のサイズを聞き出すことが必要です。婚約指輪を購入することを気付かれないようにするため、まず自分のサイズの話からするといいでしょう。例えば「僕のサイズ幾つだと思う?」とクイズを出します。もちろん前もって自分のサイズを宝石ショップでチェックしておきます。そんな話題の中で、彼女の指輪のサイズを自然に聞いてみるといいでしょう。そして購入するときには、一応サイズ変更できるかショップに聞いておくことも大切です。

もちろんプロポーズの後、彼女と一緒に購入するというパターンもあります。婚約指輪の相場は20~40万円といわれていますが、それほどの高価な指輪を購入するので、できれば一緒に行って彼女の好きなタイプを選ぶ方がいいかも知れません。できるならサプライズで婚約指輪をもらうのと、一緒に買いに行くのと、どちらがいいか彼女に何となく聞いておくといいでしょう。例えば友だちのカップルの話として、サプライズで婚約指輪を渡したら、彼女が自分も一緒に選びたかったと言われたという話でもしてみましょう。そんな話の中で彼女の気持ちも見えてくるはずです。

とにかく今は婚約指輪のデザインも豊富になっているので、2人で彼女にぴったりのデザインを選ぶのも、楽しいのではないでしょうか。そして結婚したら結婚指輪も購入することになります。宝石ショップによっては、婚約指輪と結婚指輪を同時に購入すると、割引きしてくれるところもあります。